杉山清貴ライブMC | 「Sugi Rock fes2日目」in日比谷野外音楽堂 2013年9月1日 Vol.03

根本要:「スギヤマキヨーーーータカーーー♪、30周ーーー年、おめでーーーとうーーー♪」

会場:拍手

杉山清貴:「ありがーーーとうーーー♪はっはっ。根本要ー。」

会場:拍手

杉山清貴:「今日は、SSKオールスターズマイナスワンで来ました。」

根本要:「皆さん、修行のようなね、ライブいい迷惑ですよねー。」

会場:爆笑

根本要:「バカじゃないの?」

会場:爆笑

杉山清貴:「よく言われる。」

根本要:「はい、ねっ、皆さんもあれですよ、怪我しないようにね、自分のこと自分で守って。あのー、この2日間、昨日もお天気だったんでしょ。」

杉山清貴:「そうそう、はい。」

根本要:「言っときますけど、しばらく唄わないですよ。」

会場:爆笑

根本要:「まだ言いたいことがありますからね。」

会場:拍手

根本要:「良かった。お天気で良かった。あのー杉山っと言えばこの野音、もう何年やってたんだっけ大体。」

杉山清貴:「10ー何年。」

根本要:「なかなかとれないんだ、ここは。」

杉山清貴:「とれないんだよ。」

根本要:「俺たちもねぇ、抽選で何度敗れたことか。」

会場:笑い

根本要:「だって、もうここしかないんだから。ねっ。」

杉山清貴:「去年、だから、敗れて大阪でやった。」

根本要:「たまにはこういうことがないと、よっぽど野音と癒着してると思われてるんだから。」

会場:爆笑

根本要:「たまにはそういうのがないと、おかしい、杉山だけ当たるのはおかしい、と去年少しそういう噂が出始めたんですよ。」

杉山清貴:「あ、それでか。なるほど。」

根本要:「ちょうどいい感じでね、でもほんとに30年、僕は杉山とはですね、アマチュアの時代から、皆さんご存知のようにですねぇ、きゅうてぃぱんちょすというですね、わけわかんないバンド、なんだその名前は。」

杉山清貴:「どっちもどっちでしょー。アレレのレって何よ。」

会場:爆笑




根本要:「もうねっ、しょうがないよ。」

杉山清貴:「なんでスターダストレビューみたいなかこいい名前なっちゃったのかな。」

根本要:「ほんとだよ、オレいまだによく覚えてるけど、オレたちは文化放送の中に出版社があって、アレレのレじゃデビューさせないよって言われたんで、ミーティングにミーティングを重ねて、スターダストレビューって名前になったんだよ。まあ、なったんだからいいよ、決められたんだからね、オレたちはそれに従おうと。ところがその日の帰り、ベースの柿沼とふたりで電車乗りながら、柿沼、オレたち今日からスターダストレビュー。」

会場:笑い

根本要:「なんかいきなり外人になっちゃたみたいな。」

会場:笑い

根本要:「じゃあ、オレ、ジョニーとか呼ばれないといけねーのかなと思って。」

会場:笑い

杉山清貴:「そんな感じだったんだ。ジョニー。」

根本要:「しょうがない、でもねぇー、みんなアマチュアの時代っていうのはね、難しい英語で言うとね、若気の至りっていうね。」

会場:笑い

根本要:「あるんだよ。」

杉山清貴:「ある。」

根本要:「みんな、そういうのを乗り越えて、30年だよ、すごいもんだねぇ。」

杉山清貴:「要さんたちもそうじゃないですか。」

根本要:「オレたちはなぁ、しょうがないよ、生きてくためにはこれしかなかったんだもん。」

会場:爆笑

杉山清貴:「なんちゅう。」

根本要:「一生懸命だよ、だからよく、スターダストレビュー休むことなくっていうけどさぁ、休んだら終わるんだオレたちは。」

会場:爆笑

根本要:「みんな、そういうこと知らないでねぇ、休まずにっとかて言うんだけど、オレたち毎年毎年ちゃんとやってないと、入るもん入ってこないんだから。」

会場:笑い

杉山清貴:「みんな一緒ですよ。」

根本要:「あっ、そうなの、だいぶん杉山くん余裕の顔してやってるよ、いつも。」

杉山清貴:「余裕の顔だったら2日間もやんないですよ、こんなの。」

会場:爆笑

根本要:「あのね、昨日5時間?」

杉山清貴:「いえいえ、3時間半ぐらい。スタレビのライブぐらいですよ。」

会場:笑い

杉山清貴:「スタレビ通常で3時間半くらいですよ。」

根本要:「ウチはでも、20曲ぐらいで3時間半だからね。」

会場:笑い

根本要:「杉山の場合、40曲やって3時間半だからね。いかにオレ喋るかですね。」

会場:笑い

杉山清貴:「そうなんですよ。今回は一応みんな、それぞれ持ち時間があるんですよ。タメさんはギリギリで収まって、あと要さんの場合はどうすんのかなと、要さん次第になっちゃうんですね。」

根本要:「オレはねぇ、今日はどれぐらいやっていいんですかって言ったら、15分ですって言われたわけ。15分、ということは唄わないですよそしたらっていう。」

会場:爆笑&拍手

根本要:「だったんで、ちょっとじゃあ時間延ばしましょうってことになったんです。」

杉山清貴:「最初に喋っちゃおうと。」




根本要:「そう、そういうことで、今日は気持ちいい唄を皆さんに聴いていただけたらいいんですけども。杉山とはほんとにちょこちょこちょこちょこやりながら、昔の曲とかをですね、こんなんどうだ、あんなんどうだ、ほんとにこれどうだ、ちょっとやりながらね、これ合いそうだって言って決めた曲があるんですけど、最初はですねぇ、バズというグループのですねぇ、“愛と風のように”というねぇ、40歳、45歳以上の人かな、昔スカイラインのCMに使われていたんで。」

杉山清貴:「ケンとメリーですね。」

根本要:「その曲やります。知らない人が多いんだったら、それじゃオリジナルでお届けしようと思います。」

会場:爆笑

杉山清貴:「てきとーだね。」

根本要:「いいんだ、知らないんだから。」

杉山清貴:「じゃあ、オリジナルでーす。」

根本要:「“愛と風のように”。スリー、フォッ。」

杉山清貴:「出てない。」

根本要:「機械があるからさぁ、オレなんか機械使ったことない。」

杉山清貴:「機械。踏むだけじゃない。」

根本要:「トゥー、スリー、フォッ。」

vol.04に続く