杉山清貴ライブMC | 「Sugi Rock fes1日目」in日比谷野外音楽堂 2013年8月31日 Vol.01

杉山清貴:「ようこそいらっしゃいました。いい天気で良かったね。早速始めます、Sugi Rock Fes、まずはKt Sunshine Bandからーっ。」


杉山清貴:「さぁ、毎年恒例の日比谷の野音でございますが、今年はわたくしデビュー30周年ということで、あとこちら日比谷の野音も90周年ということで、まぁお互い周年ということで今年は2日間、今日、明日全く違うメニューで行っていきたいと思います。なぜこんなことになったか、また後ほど話をしていきましょう。まずはですね、今日のオープニングね、明日もそうですが、KTバンドのメンバー紹介します。バンマス角田俊介。」

会場:拍手

杉山清貴:「後ろ行きます。サックス、パーカッション後藤輝夫。」

会場:拍手

杉山清貴:「ドラムス今泉正義。」

会場:拍手

杉山清貴:「キーボード高瀬順。」

会場:拍手

杉山清貴:「コーラス、キーボード奥野恵。」

会場:拍手

杉山清貴:「ギター南明男。」

会場:拍手

杉山清貴:「はい、今日はもういろんなアーティストが出てきて、いろんなユニットが次々出てきます。え~皆さん今日はいろいろ屋台が出てますんでね、今日はほんとお祭りなんでゆっくり楽しんで帰っていただきたいと思います。最後までよろしくお付き合いください。」

会場:拍手

杉山清貴:「えー、まずオープニング、KTバンドで数曲やりますが、このコーナーは新しいアルバム“I Am Me“から新曲やっていきます。では、次”045“行きましょうか。」




杉山清貴:「ありがとうー。え~、新しいアルバム“I Am Me“から“I Am Me“ね、このバンドのメンバーでレコーディングしました。アレンジもしました。今年は2枚組ということでございましてね、何事も2ということで日比谷の野音も2日間というわけではありませんが、昨年の夏にですね、実はわたくし杉山さんはですね、フジロックに初めて行きました。出たんじゃなくて、観に行ったっていうことね。チケット買ってですよ、ちゃんとね。3日間綴りチケット買って行ってきました。楽しくてね~、フェスというのがね。昔もこういうのあったなぁ~なんて思ってたら、来年の野音30周年だし、フェスやりたいなと、わけ分かんないこと言い出しまして、フェスっていろんな人が出るんだからフェスなんだ、でも僕の場合は、これからもやりますけど、BUDSだのROCK UNITだのいろんな人たちといろいろツアーやってますんで、そういう人たちを全部観せられたら楽しいんじゃないかなと。ねっ、そういうの観れる人って数限られているわけですよ。ライブハウスとかなんで、だから、こういう人がたくさん集まる所でやっちゃったら勝ちかなと思いました。そんなわけで今日は、”Sugi Rock Fes“でございます。」

会場:拍手

杉山清貴:「ね~、楽しんでください。」

会場:拍手

杉山清貴:「しかし暑い。暑いね。良かったね。オーケー、さぁ次、曲行きましょうか。え~、やっぱり“I Am Me“の新曲から、え~、ずっと昔からボブ・マーリー大好きで、レゲエとかやってみたいなぁと思ったんだけど、芸風ちょっと違うなと思っていたんですけど、だんだん年も取ってきたから、別にやってもいいかなと、そんなでちょっと軽くレゲエのリズムを取り入れてみました。”Harbor Lights“という曲聴いてください。」




杉山清貴:「イエーイ。え~、今回は、あの~、アルバムの話ですけども、4月に“I Am Me“2枚組でございまして、まぁもちろんここに来ている1万5千人の方々は、持っていると思うんですけど。」

会場:笑い

杉山清貴:「え~、1枚目は、昔のアルバムをオリジナルをセルフカバーで、その後にギター1本で弾き語りをしている、いわゆる過去の作品っていうのが入ってます。2枚目で、今聴いてもらっているこの曲たちが収録されているというとても贅沢なアルバムを作らせてもらいました。今日ね~、むっちゃくちゃラフなんですけど気持ちが、まっいいか~。では、今回のレコーディングでですね、いつもメグさんが必死こいて一人でコーラスをレコーディングしておりますが、2曲ですね、助っ人が来てくれまして。コーラス菊谷淳子さん。アッちゃん。」

会場:拍手

杉山清貴:「アッちゃんはメグさんと結構昔、昔っていう言い方良くないね。」

菊谷淳子:「すごい昔。」

杉山清貴:「すごい昔に、いろいろコーラスの仕事をしていたそうですけど。最近は是方さんと一緒にやっているロックユニットで東京だけアッちゃんとメグさんにコーラス入ってもらいまして、そんな流れもありまして、今回のアルバム2曲、アッちゃんの声ほしいなっ、ていうことで参加してもらいました。新曲、あと2曲残っております。これが終わるとKTバンド引っ込みます。大変なんです、次から次へと。ちょっと中途半端ですけども。では2曲行きましょうか。“Another Wave”、“Happy Happy Days”。」


杉山清貴:「サンキュー、KTバンド、コーラスアッちゃん、ありがとー、ありがとー、まだまだ先は長いよ~。」

vol.02に続く